参加医療機関紹介


医療機関名
(名前をクリックすると各ホームページが開きます)
取組のご紹介とひとこと
桑名市総合医療センター
三重県桑名市寿町3丁目11番地
TEL 0594-22-1211

責任医師名:町支秀樹
当院では医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など多職種で、患者さんやご家族のつらさをやわらげ、希望が支えられるようにチームでサポートさせていただいています。お気軽にお声掛けください。
大桑クリニック
(旧大桑病院)

桑名市多度町柚井字境川132
0594-48-5311

責任医師名:篠辺龍一郎
入院、外来で緩和ケアを行っています。
もりえい病院
桑名市内堀28-1
0594-23-0452

平成28年2月に緩和ケア病棟を開設しました。20床の全室トイレ付個室の病室です。 桑名市内の街中にあります。疼痛に対しては、積極的に神経ブロックを行っています。 患者様のこころの痛みにも寄り添い、遺族の悲嘆に対しても、悲嘆カウンセリング外来を設けています。
いなべ総合病院
いなべ市北勢町阿下喜771
0594-72-2000

責任医師名:岡田祐二
当院の緩和ケアチームは、がん自体の症状や痛みだけでなく、心のつらさや心配事をやわらげるお手伝いをさせて頂いています。 自分らしい治療や生活を患者さんと共に考え、前向きに生きる力を支えられるように、がんと診断された時からの緩和ケアに取り組んでいます。
「つらいな」と思ったときには、お気軽にご連絡下さい。
日下病院
いなべ市北勢町阿下喜680
0594-72-2511

市立四日市病院
四日市市芝田二丁目2-37
059-354-1111

責任医師名:近藤潤夫
当院は「がん診療連携推進病院」の指定病院であり、がんに関する相談窓口は、地域連携・医療相談センター「サルビア」になっています。緩和ケア病棟はありませんが、医師、看護師(専門看護師、認定看護師含む)、薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー等で構成される「緩和ケアチーム」が、毎週病棟内をラウンドして緩和ケア診療にあたっています。「緩和ケア外来」の他、各職種による個別相談(「看護相談」「心理相談」「医療福祉相談」)も行っています。患者本人や家族対象の「患者サロン」も月1回実施しています。
四日市羽津医療センター

四日市市羽津山町10−8
059−331-2000

責任医師名:石井雅昭
当院は「がん診療連携推進病院」の指定を受けています。認定看護師によるがん相談や緩和ケア専門医による緩和ケア外来も開設していますので、地域連携室「すずらん」にお問い合わせください。また、医師(緩和ケア専門医)看護師(認定看護師)薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカーで構成される緩和ケアチームが患者さんやご家族のサポートをさせてただきます。
笹川内科胃腸科クリニック
四日市市波木町305
059-322-9538

責任医師名:山中賢治
がんの患者さんに限らず「住み慣れた家」で最期まで安心して過ごせるよう、お手伝い致します。
菰野厚生病院
三重郡菰野町大字福村75
059-393-1212

責任医師名:舟橋整
患者様が自分らしい生活を送ることができるように医師・看護師・薬剤師等の多職種が連携し支援させていただきます。また、生活面・経済面の困りごと・社会的サービス・在宅医療を受けるための相談を社会福祉師士が対応し、患者・家族様と一緒に考え、尊厳のある緩和ケアを提供させていただきます。
鈴鹿中央総合病院
鈴鹿市安塚町字山之花1275-53
059-382-1311

当院緩和ケアチームのメンバーは、血液・腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)1名、精神科医1名、がん性疼痛看護認定看護師1名、薬剤師1名、MSW4名で構成し、窓口は認定看護師がおもに担当し、病棟スタッフはもちろん、ペインクリニック専門医、放射線治療医とも密に連携をとり、チーム医療を心がけております。今後は地域の緩和ケア診療への連携もはかっていきたいと考えております。
坂倉ペインクリニック在宅診療所
鈴鹿市伊船町1010-1
059-371-6400

責任医師名:坂倉究
主にがん患者さんの在宅診療を行っております。2007年度の看取り患者さんの総数は35名でした。WHO緩和ケア基準による緩和ケアを行っております。
亀山市立医療センター
亀山市亀田町466番地の1
TEL 0595-83-0990

責任医師名:今井俊積
当院には、緩和ケア病棟はありませんが、医師・薬剤師・看護師(MSW・認定看護師)・理学療法士・管理栄養士など各専門職が協力して緩和ケアに取り組んでいます。
適切な治療やケアにより、身体や心の痛みが緩和され、安心して日々過ごしていただけるよう努力いたします。是非、皆様のお手伝いをさせて下さい。
小山田記念温泉病院
四日市市山田町5538‐1
TEL 059-328-1260

責任医師名:村嶋正幸
重い病気を抱えている患者さんやそのご家族の様々な問題を解決するお手伝いができればと考えています。患者さん、ご家族の希望に医療機関としてのアドバイスを組み合わせ、患者さん、ご家族にとって最良の時間を過ごしていてだくことを目指します。
がんそのものにより、あるいは手術や抗がん剤による治療により低下する生活機能や生活の質を改善することを目的に、がんリハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。
みたき総合病院
四日市市生桑町458-1
TEL059-330-6000

責任医師名:近藤潤夫
四日市市初の緩和ケア病棟を2017年6月に開設いたしました。緩和ケア病棟では、がんに対する積極的な治療を終了され、緩和ケアを必要とする方を対象に、その人らしく、尊厳をもって過ごしていただけるように支援しております。また、全室個室であり、ご家族の付き添いも可能です。病院と我が家の間にある『もうひとつの家』として、大切な時間を過ごしていただくための療養環境を整えています。当院の医師、看護師、地域連携室員等が、地域の医療機関の皆様とも連携をとりながら、サポートさせていただきます。
いしが在宅ケアクリニック
四日市市山城町770-2
TEL059-336-2404

責任医師名:石賀丈士
医師10名で常時500名以上の訪問診療を行っております。在宅緩和ケアを中心としたクリニックで、2018年は年間340名を在宅で看取らせて頂きました。今後も多職種連携の中心を担えるよう努力していきます。
どんぐり診療所
いなべ市大安町石榑下113-3
TEL0594-37-6889

責任医師名:平山将司
平成29年9月、いなべ市大安町に“訪問診療専門”の医療機関として、開設させていただきました。通院が困難な患者様宅へ伺っております。
癌患者さんに限定しているわけではありませんが、昨今は癌に罹患する方が多くなり、必然的に多くの癌患者さんを担当させていただいております。地域の訪問看護師など、他職種とうまく連携しながら、地域一丸となって緩和医療に取り組ませていただきます。
三重県立総合医療センター
当ネットワーク事務局

四日市市日永5450-132
059-345-2321

責任医師名:渡部秀樹
医師・看護師・薬剤師・MSW、臨床心理士などによる「緩和ケアチーム」が緩和ケア診療にあたっています。患者さんやご家族のご要望を聞きながらよりよいケアが出来るよう努力を続けてまいります。
緩和外来や入院時の緩和ケアに加え、退院後の在宅緩和ケアなどご相談事がありましたら、地域連携課「がん相談支援センター」までお問い合わせください。各施設のパンフレットも多数ご用意しています
▲ページTOP


一般の方へ

  • 緩和医療とは
  • 在宅緩和ケアについて
  • 職種の紹介
  • お薬について
  • 色々な社会資源
  • よくあるご質問

トップページへ